メバリング、釣果重視なら『虫ヘッド』。邪道?いいえ、合理的なメソッドです。

メバル釣り、メバリングには様々な釣法が存在しますが、ここ数年のワタシのメイン釣法は『ジグヘッド+虫エサ』いわゆる『虫ヘッドリグ』です。まぁ、賛否両論あるこの仕掛けですが、結論から言えば『釣れます』。

ルアーでメバルを釣る『メバリング』と『エサ釣り』のいいとこ取り、カッコよく言えばコラボレーション、ハイブリッド釣法、それが『虫ヘッドリグ』です。

なお、このメソッドに対しては、ルアーメインでメバル釣りを嗜む方々からの次のようなご指摘、ご批判、罵声怒号を想定することができます。

「ずるい」

「それ、ただのエサ釣り。メバリングじゃないし」

「てか反則、邪道でしょ」

「せこい。人間としての器が小さい」

など。

しかし!誰に何と言われようとも、ワタシのメバル釣りにおける主要メソッドは『虫ヘッドリグ』であります。

スポンサーリンク

メバル釣りにおける虫ヘッドのメリット

これ、とにかく釣れます。これがメバル釣りにおいてワタシが虫ヘッドをメイン釣法とする理由です。単純です。

もともとワタシはワームでメバルを釣っていたので、ルアーでメバルを狙うことの面白さ、ゲームフィッシングとしてのメバル釣りの面白さをワタシは知っています。

ただ一方で釣りの世界では『何やかんやで結局エサが有利』という大原則が存在する・・・・これもまた事実。

釣行の機会を多く確保することが難しく、次の釣行日程が保証されていないワタシ。多くのアングラーが同じような境遇でしょう。

次いつ釣りに行けるか分からない状況において、『釣果』はきわめて重要なファクター、釣りの楽しみそのもの。

「ボーズだったけど、ロッド振ってるだけで大自然と一体化できたし。海に癒やされたわ~」

とか悠長なこと言ってられないんですよ。

貴重な休日を使っての釣行。しっかり結果を出して『お父さんはすごいね』と家族から賛辞・祝辞を受けたいのです。ボーズじゃアカンのです。

で・・・・最も釣果の出る可能性が高いメソッドをワタシなりに追求した結果が『虫ヘッド』なのです。

メバリングの機動力、手返しの良さ

「エサ」の集魚力

これを掛け合わせ、合理性をとことん追求したメソッドが『虫ヘッドリグ』であります。

で、実際に釣れます。とても釣れます。時期を間違えなければ『ほぼボーズ知らず』の釣法です。

メバルだけではなく、各種の根魚(ロックフィッシュ)やアジなど様々な魚を捕獲することができます(後述)。

専用の『虫ヘッド』が断然使いやすい

ワームの代わりにエサをジグヘッドに刺すわけですが、専用のジグヘッドがオーナーばりからリリースされています。商品名はそのまま『虫ヘッド』。

あらゆる状況に対応できるよう、ウェイトは0.5~4.5gがラインナップされています。

はじめワタシは一般的なワーム用ジグヘッドに虫エサ(アオイソメ)を刺して使用していましたが、これがリリースされてからは、虫を刺すジグヘッドはコレ一択です。

なぜなら、使い勝手が圧倒的に良いから。

前述のとおり、ワタシはエサにアオイソメ(青虫、朝鮮ゴカイ)を使用するのですが・・・

ワーム用のジグヘッドにコイツを刺すと、キャスト時やリトリーブ時にエサが外れることが少なからずありました。

回収時にエサが無くなっていた場合、魚が食ったのか、キャスト時に外れたのかの判断がつかなければ、その日の釣りの組み立てに支障をきたします。

その点、オーナーばりの虫ヘッドは「生エサキーパー+ショートシャンク(針が短い)」なので、キャスト時、リトリーブ時にエサが外れることがほとんどありません。

上が『虫ヘッド』、下が一般的なワーム用ジグヘッドです。

見てのとおり、シャンクの長さが全然違います。また、一般的なジグヘッドにも仕掛けを固定する『ワームキーパー』が付いていますが、虫ヘッドの『生エサキーパー』はジグヘッド用のキーパー部よりも大きい!

これらのちょっとした違いのおかげで虫エサががっちり針に固定され、安心してキャスト、リトリーブができます。

逆に言うと、その点さえ克服できれば、ワーム用ジグヘッドを虫ヘッドとして代用できますが、それを探す努力をするくらいならオーナーばりの製品を購入した方が合理的でしょう。

エサの購入

エサは釣具屋さんにて購入します。

おそらくワーム釣りメインの方は、初めてのエサの購入にとても戸惑うはずです。

エサコーナーには色々な虫がぬらぬら動いていますが、迷わずに「アオイソメ」をチョイスし、店員に購入するアオイソメのサイズと重量を伝えます。

アオイソメは多くの場合「大、中、小」の3サイズ展開です。ターゲットがメバルの場合は中サイズまたは小サイズを選択します。

サイズに迷った場合は、メバル釣りであることを店員に伝え、店員に選んでもらいましょう。

購入する重量は釣行時間とフィールド状況によります。エサ取りが少ない場所では『1時間10g』が目安となるでしょうか。

ワタシの場合、中サイズのアオイソメを30g購入し、2~3時間ほど釣ります。エサ代はワタシの居住する地域で260円くらいです。

ちなみに下の写真の量で30gです。

この量でエサが足りなくなったことはありません。と言うか通常、アオイソメが余ります。入れ食いモードで30匹以上釣れた時もエサが余りました。

毎回、保険としてワームを携行していますが、ワームの出番はナシです。

エサ代節約のため10~20gでもいいかな?と思うこともありますが、アオイソメは高価なエサではないし、精神衛生上エサは余るくらいがちょどよい、という考えのもと毎回30gのアオイソメを購入して出撃しています。

エサ取りが多いフィールドや、初めてのフィールドには多めにエサを購入して臨むとよいでしょう。

スポンサーリンク

虫ヘッドへのセッティング

ワームでメバリングする感覚でOKです。ワームがエサになっただけです。タックルもごく標準的なメバリングタックルでOKです。

こんな感じでワームと同じ感覚で針に刺します。ただ、虫エサはぬらぬらと動くので最初は苦労するかもしれませんが、すぐに慣れます。

エサが長すぎるな、と思った場合は適宜カットして使用します。はさみで切ってもいいし、ワイルドに手で引きちぎってもOKです。

なお、切った残りの部分は海に捨てずにキープしてください。エサとして問題なく使用できます。トカゲの尻尾みたいなもんです。

虫エサの長さは完全に好みで。長~いアオイソメでもメバルは勇猛果敢にアタックしてきます。『食いが悪い場合は短くカット』というセオリーがあるにはありますが。

ちなみワタシは面倒くさがりなので、エサの減りが早いなど特別な事情がない限りエサはカットせずにそのまま使います。

ワタシの場合、虫ヘッドの重さは1gをメイン使用しています。風の強さや速い潮流に対応できるよう、2gも手元に置いていますがほとんど使っていません。加重はジグヘッド交換ではなく、ガン玉の追加で対応しています。

虫ヘッドリグでの釣り方

続いてキャスト後のアクションについて。ワタシの場合は次の2パターンで虫ヘッドを操作しています。

(1)表層~中層~ボトムでのタダ巻き(超スロー巻き)

(2)巻かずに潮流に乗せながらのテンションフォール

(3)護岸に沿って垂直に落とし込み

要はワームでの釣り方と同じです。

 

アタリの出方、合わせ方もワームでのメバリングをほとんど同じです。アタリがあっても即合わせせず、向こう合わせ、巻き合わせでフッキングさせます。

というか、積極的に合わせを入れると十中八九すっぽ抜けます。したがって、虫ヘッドリグにはソリッドティップのロッドが好相性だと思います。

ワームでのメバリングと同様、良型メバルほどアタリが小さく出ます。ロッドをはじかず「・・・コンッ・・・」と小さく来た場合、期待大です。

一匹釣ると、アオイソメがズタズタのボロボロ、弱ってダラーってなります。活きのいい新鮮なヤツに取り替えたくなりますが、気にせずに使用してください。

少なくともメバル3匹分、あるいはもっとたくさんのメバルをエサ交換なしで釣り続けることができます。ボロボロのアオイソメでもメバルは果敢に食ってくるのでご安心を。

エサ持ちのよさがアオイソメを使った虫ヘッドリグのいいところです。

虫ヘッドで五目釣り!虫ヘッドで釣れる魚たち。

なんせエサですから、メバル以外にも様々な魚が食ってきます。

五目釣りどころか、10種、20種、いやいや、年中虫ヘッドを使えばそれ以上の魚種いけてしまうんじゃないですかね。これもまた虫ヘッド釣法の魅力です。

以下、ワタシが虫ヘッドで釣り上げた魚を紹介します。当たり前ですが、基本的にアオイソメを食べる魚なら何でも釣れます。

カサゴ。

アジ。

タケノコメバル。

セイゴ。

ウミタナゴ(たぶん)。

ムツ。

写真はないのですが他にメイタ(手のひらサイズのクロダイ)やヒラメ(手のひらサイズ)キス、ベラ、フグ、ゴンズイ(毒魚)などを釣り上げてきました。虫ヘッドリグを使えば多種多様な魚と出会うことができます。

えさを活きエビやオキアミに変えると、もっともっと釣れる魚が増えるかもでう。

いずれにせよ、限られた釣行機会を確実にモノにしたいなら、虫ヘッドリグで決まりです!

あと、このような『エサ入れ』がある便利です。というか必須アイテムです。

あと、ウェイト調節にはジグヘッド交換もいいですが、ガン玉追加も手間が省けて便利です。

関連記事:メバリング、クーラーボックスの選び方

関連記事:釣った魚は水汲みバケツでキープ!

関連記事と広告 スポンサーリンク