メバル、アジ、エギング用クーラーはランガンに便利な小型クーラーがちょうどいい!

ワタシのような『キャッチ・アンド・イート派』な釣り人にとって、釣果である食材としての魚介類の鮮度をキープして持ち帰ることは最大の使命。すなわち、クーラーボックスはタックル一式と同様、釣り人の必須アイテムであります。

ところが、いざ釣具屋さんに行けば様々な形状・サイズ・価格のクーラーボックスがずら~っと展示されており、タックル選びと同様、釣り人を大いに悩ませるわけです。

さて、何を基準にクーラーボックスを選択すればよいのでしょうか。

ここでは、メバル、アジ、アオリイカなど釣りの世界では『小型』に分類される魚種をインするクーラーボックスについて、ワタシが愛用するダイワ『クールラインSU800X』を紹介しつつ、クーラー選びのポイント等を書き綴ります。

スポンサーリンク

サイズ選びの基本

ターゲットとなる魚種のサイズに合わせる

多くの釣り人が、まずはサイズ選びに悩まされることかと思います。

基本はずばり『ターゲットとなる魚種のサイズに合わせる』であります。

メバル、アジなどは、陸っぱりでアベレージ20cm、最大でも30cm程度の魚です。『小型魚』に分類されます。アオリイカもキロオーバーでも胴寸30cm、1.5kgクラスで胴寸35cm程度なので、違和感あるかもですが『小型』に分類してよいターゲットだと思います。

したがって、これらメインターゲットとするワタシのようなアングラーにとって、クーラーは『小型』が最適サイズです。

具体的には容量が10リットル前後のモノが該当します。

メバリング、アジング、エギングなど釣りは、頻繁な移動をともなう機動力が求められる釣りです。漁港内を5m刻みで移動、ポイントそのものの移動、これを繰り返します。いわゆる『ランガン』です。

したがって、クーラーボックスには高い携行性が求められます。その答えが、ターゲットを収納できる、大きすぎず小さすぎないギリギリサイズ、10リットル前後のサイズです。

クーラーボックスの大原則。大は小を兼ねない

『小型』でいいよ、と言われても以下のような理由から懸念・不安をもつアングラーがいらっしゃるでしょう。

懸念1『いつ大物が来るか分からないし』

懸念2『超絶大漁だと入りきれないでしょ』

このような懸念・不安から、『大は小を兼ねる』という発想のもとワンサイズ、ツーサイズ大きめの20リットル級の中型サイズをついつい選びたくなってしまう・・・・。

はっきり申しあげます。釣りのクーラーボックス選びにおいて『大は小を兼ねません』(異論は認めます)

まず懸念1『不意の大物への対応』について。メバリング、アジングに外道はつきものです。シーバス、クロダイなど。しかし、小型サイズに収まりきれないほどのサイズが掛かるのはレアケース。

巨大アオリイカの場合は、胴体を曲げて収納すればOKでしょう。

いずれにせよ、めったに起こらない事態のために機動性を犠牲にしてまで大きなクーラーで釣り歩くことは、決して賢い選択とは言えないでしょう。

次に懸念2『大漁への対応』について。懸念1と同様、小型サイズに入りきれないほどの釣果に恵まれることもレアケースです。

そもそも、容量10リットル程度のサイズであっても、メバル、アジなどの小物なら意外なほど収納できます。20cmクラスのメバル、アジであれば保冷のための氷のスペースを考慮しても相当数ストックできます。

ワタシは8リットルサイズのモノを所有していますが、20匹超のメバルを入れたときでも倍以上は収容できる余裕がありました。(小型クーラーの収容力は後述しています)

したがって、懸念1と同じく、めったに起こらない事態のために、機動性を犠牲にしてまで大きなクーラーで釣り歩くことは賢い選択とは言えないでしょう。

そもそも小型サイズに収まりきれない釣果って、食べる量の限界を超える釣果です。

あと、これは気持ちの問題ですが、大容量のクーラーボックスに10匹程度のメバルやアジ、数ハイのアオリイカが収まっている画というのは、ある種のむなしさ、さびしさを感じるものです。(個人差あり)

大きめのクーラーボックスが有利な場合

とは言っても、小物釣りにおいて大きめ(中型)のクーラーボックスが力を発揮する場面もあります。

それは20リットル程度の中型サイズをサブとして使用する場合です。(現場に持ち込むのはあくまでも小型サイズ)

車のトランクに20リットル程度の中型サイズ(保冷済み)を置き、現場には小型サイズで臨みます。

この方法だと、不意の大物が釣れても、また思わぬ大漁・豊漁となっても安心です。

また、クーラーボックスは容量が大きなほど保冷力も上がります。車のトランクに置いた中型サイズを保冷・保存のメインと考えれば、現場に持ち出す小型の保冷力は最低限度でよいことになります。

その結果、必要以上の氷や保冷剤を入れない分、釣り歩くクーラーボックスが軽量になり、釣りの機動性の大幅な向上を期待することができます。現場で釣った魚は小型にイン、車の中型に移し替えて場所移動みたいな感じ。ランガンに最適、夏場は安心な体制だと言えます。

また、飲み物や食糧など釣り具以外のモノを中型の方に入れておくこともできます。

これ、たいへん理にかなった利便性の高いクーラーボックスの使い分けと言えます。

欠点は、お金がかかることですね。ワタシには厳しいが、この方法は前向き検討中です。

スポンサーリンク

保冷力の基本

クーラーボックスの断熱材

さて、サイズが決まったならば、次は性能(保冷力)の選択です。同容量であれば、保冷力が高いほど値段も上がります。世の中カネです。

また、保冷力が高いほど、同様量でもサイズが大きくなり、重量も重くなります。

これらを考慮しながら、性能(保冷力)を選択することになります。

なお、保冷力すなわちクーラーボックスの値段を決する『断熱材』には3種類あります。

真空パネル、ウレタン、スチロールとあり、この順で保冷力が高いです。断熱材の性能差については下記のとおり。

以下、ダイワHPからの引用です・・・・・

真空パネル

約0.002~0.008 多孔質素材を金属フィルムで真空パックしたもの。ダイワの採用している断熱材で最も高性能。

ノンフロン発泡ウレタン

約0.02~0.03 ポリウレタンを発泡させたもの。クーラーの内部の隅々まで充填するため保冷効率がよい。

発泡スチロール

約0.03~0.04 ポリスチレン粒を炭化水素ガスで発泡させたもの。ダイワクーラーの断熱材の中で最も軽量。

断熱材による保冷力の違い

ここもダイワHPからの引用です。各種断熱材の性能をダイワ社の実験により数値化・ビジュアル化したものがコチラです。

クーラーに氷を詰め込み、一定時間後にサーモグラフ撮影。

氷を入れる前と差が出ない(青色に近い)ほど、断熱性が高いことを示す。真空パネルの圧勝ですね。

保冷力を目安として「☆」マークの数で表す。

保冷力の高いクーラーは断熱材の性質上、一般的に高価で重量も重くなる。逆に保冷力の低いクーラーは安価で軽量になる傾向がある。

・・・・・以上、ダイワHPからの引用でした。

保冷力は、断熱材だけでは決まらない

なお、現在、ダイワはクーラーボックスの保冷力を「KEEP値」という指標で表しています。

高機能な断熱材採用したモデルの「KEEP値」が高くなるだけでなく、クーラーボックスの容量に応じても「KEEP値」は高くなります。

したがって、真空パネルを採用した小さなクーラーボックスと、スチロールを採用した大きなクーラーボックスでは、後者の方が保冷力が高くなる場合があります。そして、後者の方が値段も安い。

また、同じ容量、同じ断熱材であっても、フタに小魚投入口がある、あるいは水抜き栓があるなど、便利だが密閉性を阻害する機能があるアイテムは「KEEP値」が低くなるようです。

クーラーボックスの性能を団悦剤だけで評価してはダメ。奥が深いです。

断熱材は各自の釣行スタイルに応じて決めよう

断熱材の種類については、各アングラーがメインに釣行する季節や時間帯、それに財布と相談しつつ決定すればよいでしょう。

例えば、メバリングなど冬の夜釣りをメインとするアングラーにとっては、高い保冷力、すなわち高性能な断熱材は必要ないでしょう。発泡スチロール断熱材のクーラーボックスで十分です。

エギングなど、春~初夏の日中にも釣りをする方、盛夏を含め年中釣りをする方は、最上位の真空パネルが採用されたモデルも視野に入れ、保冷力にこだわったほうがよいです。

高性能な断熱材が使用されていなくても、氷を増加することで保冷力をカバーすることができますけどね。重くなるし、魚の収容量が犠牲になりますが。

まぁ、この辺の選択はアングラー次第ってところです。

スポンサーリンク

ダイワ『クールラインSU800X』

ワタシは己の釣りのスタイル、財布とよ~く相談した結果、現在は8リットルの小型サイズ、ダイワの『クールラインSU800X』を愛用しています。

ワタシのメインターゲットがメバル、アオリイカなどであるため、これくらいのサイズが必要にして十分。

これ、断熱材に真空パネルを2面採用しており、このサイズでは贅沢な仕様。写真手前の広い面とその対面の2面が真空パネルです。フタの断熱材はスチロール、残りの3面の断熱材はウレタンです。

てか、どうせ真空パネルを2面採用するなら、温度変化の影響を受けやすい底面とフタの2面に採用すればよかったのに・・・・と思いつつも購入!

冬のメバル釣りだけを考えれば、割高な真空パネル仕様である必要はなかったのですが、春や秋には日中にエギング、キス釣り、サビキ釣りなどを嗜むため、『保冷力が欲しいな』ということで真空パネル採用のコレを選択しました。

これ、8リットル前後の小型クーラーボックスの中では高価な部類に入りますが、そうそう買い替えるモノでもないので、無理して思い切って購入しました。

絶賛愛用中です。

クールラインSU800Xの収納力

アジゴなら100匹は収納可能

収容力の点において、小型クーラーボックスを選択することに迷いがある方、参考までにSU800Xがパンパンになったときの釣果を書き記します。

SU800Xの収容力

15㎝前後のアジゴが76匹

手のひらサイズのクロ(メジナ)が6匹

200~300gのアオリイカが3ハイ

魚とイカはそれぞれジップロックに入れました。

これに500mlのペットボトル氷1つと、帰り道に追加してコンビニで買った1.1kgのロックアイスを袋のまま魚の上に設置してクーラーがパンパンになりました。

つまり・・・小物釣りであれば大漁・豊漁でも8リットルサイズでも十分に対応できます。アジゴのみであれば、保冷のための氷のスペースを考慮しても100匹はストックできそうです。

SU800Xの収容力2

まぁ、あまりぎゅうぎゅうだと、イカがつぶれないようにするなど、配置に気を使いますが。

クールラインSU800Xの保冷剤と保冷力

ワタシの場合、保冷はペットボトル氷を使用しています。『−16℃』的な保冷剤は使用していません。

理由は、魚の鮮度を維持するにあたり、そこまで冷やす必要がないと思うから。また、サビキ釣りで潮氷を作るのにも不向きだと思うから。(異論は認めます)

メバリングなど冬の夜釣りでは500mlのペットボトル氷1本を保冷剤として使用しています。帰宅後もばっちり氷が残っていて問題なしです。冬であればペットボトルのサイズを落としても問題ないでしょう。

春や秋のエギングでは釣行時間に応じて500mlのペットボトル氷1~2本を保冷剤として使用しています。夜中に片道2~3時間の移動、翌日の夕方に帰宅して氷が2~4割残っています(ペットボトル2本)。

氷が残っているということは、魚やイカの鮮度を維持する程度の温度はキープされていると言えるでしょう。

夏のキス釣りでは、余裕を持って1リットルのペットボトル氷を2本を使用しています。

氷の残り方は、現場の日当たりや釣果、フタの開け閉めの頻度で変動します。

タチウオも収納可能です!

タチウオ収納

陸っぱりで釣れる平均サイズ、指3~4本、70㎝~90cmクラスであれば、タチウオも複数本を余裕で収納できます。

写真のようにぐるぐる巻きにしてインすればよろしい。メーター級のドラゴンサイズもぐるぐる巻きでいけそうな雰囲気です。

拡張性(カスタマイズ性)で選ぶ

ダイワやシマノなどの大手釣り具メーカーの場合、アフターパーツが充実しており、個々人の釣りのスタイルや好みに合わせてお手軽に改造・カスタマイズすることができます。

マイクーラーも見てのとおり、アフターパーツを使ってプチ改造を施しています。

こんな感じでクーラーボックスを気軽に『自分仕様』にしていしまいたい方は、大手メーカー製のモノを選ぶとよいでしょう。

もちろん、ダイワ等のアフターパーツを他社製のクーラーに取り付けることはできますが、モノによっては取り付けに加工が必要となる場合があります。

こちらがワタシが愛用する『クールラインSU800X』です。

 

で、こちらは真空パネルでないバージョン。上のモデルの廉価版です。氷を多めに入れるなどすれば、真空パネルでなくても大丈夫でしょう。

 

最後にコチラ。何と泣く子も黙る6面真空パネル仕様!安全・安心の保冷力!7リットルとさらに容量が小さいですが、小物釣りなら必要にして十分のサイズ。ワタシがクーラーボックスを買った当時はコレがリリースされてなかった。今、クーラーボックスを選べと言われたら迷わずコレを選びますね。

いや待て。6面真空パネルだけあって値段もアレなんでワタシには無理か・・・・

関連記事と広告

スポンサーリンク