体重計・体組成計はBluetooth(ブルートゥース)とアプリでスマホと連携してなんぼのもん

禁煙を達成し、調子に乗っていたら、久々に着用したスーツがパツパツに。詳細に自分の体をチェックすると、腰回りが明らかにボリューミーになっている。

「ワタシの体重はどうなっているのだ?」

直ちに体重計に乗りたい衝動に駆られましたが、我が家の体重計は、壊れて1年以上放置されている・・・。

3月某日、家族会議を招集。伸ばし伸ばしになっていた体重計の購入を決議しました。

悩み悩んだ結果、Bluetooth機能を搭載し、スマホのアプリで測定データを管理できる体重計、オムロン(OMRON)のカラダスキャンHBF-255Tを購入しました。

己の現状を的確に把握し、今後の減量対策を練るために、スマホとの連携は必須と判断したのです。

関連記事:Q:禁煙で体重が増加するのか?A:はい、増加します

スポンサーリンク

オムロン(OMRON)カラダスキャンHBF-255T購入の決め手となった4つのポイント

数ある体重計の中でワタシがオムロン(OMRON)のカラダスキャンを選択した理由は、以下のとおりです。

体重だけでなく、体脂肪率など様々な項目を測定できる。

 

体重の他、体脂肪率やら何やらを測定する機器を「体組成計」と呼ぶらしいです。今回の購入で初めて知りました。

体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、骨格筋率、体年齢、基礎代謝、BMIの7項目を測定することができます。

はじめて聞くような項目もありますが、といあえず1度乗るだけでいろいろ分かるのは楽しそう!と思いました。

50g単位で測定できる。

 

小数第2位まで表示されると、精密に測定している気がして、テンションが上がります。

測定結果をスマホにBluetooth(ブルートゥース)で転送できる

 

今回、本機の購入を決断した最大の要因です。

体重計のくせに1万円オーバーな機器。普通の体重計が複数台購入できるほどの値段ですが、このBluetooth通信機能が欲しくて、無理してがんばって買いました。

OMRON connect(オムロンコネクト)というアプリで、測定データの管理ができます。

乗るだけでOK、電源オン/オフ不要

 

本機は、ワタシのような面倒くさがり人間にはもってこいの体重計です。初期設定(自分の身長とか体重の入力)を済ませてしまえば、あとは乗るだけ。

我が家は4人家族で、4人とも体重計に登録していますが、乗ったらほんの数秒で、乗った人間がワタシであることを体重計が判断、「ピッ」と電源が入り、測定が行われます。

「しゃがむ」、「電源入れる」、「登録された人間の中から自分を選択する」「測定後、電源オフ」の動作を省略することができます。

毎日使用するものなので、このようなお手軽さはとても重要。逆に言えば、このようにお手軽であるからこそ「毎日乗ったろ」ってなると思います。

Bluetoothでスマホと連携。測定記録をアプリで管理。これは楽しい!

 OMRON connect(オムロンコネクト)をスマホにインストールし、本機とペアリングします。

すると、こんな感じで測定データをスマホで管理することができます。すっきりしたホーム画面です。というか昨今のwindowsのスタートメニューっぽいデザインです。

 各測定項目をタップすると・・・・下図のとおり、グラフで推移を確認できます。

これは週単位の表示ですが、1日単位、1ヶ月単位と表示単位をワンタップで変更することができます。

自分の体の状態を、このように管理できるのは楽しいです。

なお、測定の度にスマホを携行する必要はありません。測定結果が30回分まで本体に保存されます(1日2回乗る人で、2週間分)

また、不要なデータを削除することもできます。特に購入して数日間は、ついつい1日に何回も乗ってしまいますが・・・・このような場合、後で不要な測定結果は削除すればOKです。

このあたりもワタシのようなズボラで面倒くさがりな人間にとっては有り難い仕様です。

アプリで記録を継続することの効果は・・・・

このように測定結果を粛々と記録していく作業は、巷では「計るだけダイエット」、「記録するダイエット」、「レコーディングダイエット」などの名称で、効果的なダイエット方法として一定の支持を得ています。

家計簿やパチスロの収支管理、禁煙手帳などと同じで、とりあえず現状を「見える化」することは、現状改善にとても効果的です。

というか「見える化」は、現状改善・向上のためのファーストステップだと思います。

今のところ、約2ヶ月アプリに記録を続けましたが、少なくとも体重は増えていません。ま、減ってもいませんが。

記録開始以来、「増えていない」ことをポジティブに解釈することもできます。日常生活のあらゆる場面で、ささやかながらも「抑制・ブレーキ」が効いているのかもしれません。

と言うかこうやって見ると、ワタシのデータは標準クラス。

「ダイエットの必要ないじゃん」と怒声が聞こえてきそうですが・・・・禁煙により体重が増加傾向にあるのは事実です。

腰回りの肉の感じがだらしない方向に向かっており、スーツがパツパツになっています。

仕事で久しぶりに会う方などに「何というか・・・・その・・・・太りました?」みたいなことを言われることが増えましたし。(というか、ずいぶんと失礼な話だなと思いますが)

・・・・・とにかく、データが改善されるよう、がんばります。

追記:

この数日後、オムロンの歩数計(活動量計)を導入。アプリで管理できる項目が倍増し、さらに楽しくなりました。

関連記事:歩数計はBluetoothでスマホと連携してなんぼのもん

《後日談・・・・》

ついにダイエットを決行しました。で、6ヶ月間で5kgの減量に成功しました!40過ぎのおやじ、がんばりました!

関連記事:食事制限なし!で5kgのダイエットに成功

 

スポンサーリンク