より楽しく安全に!あると便利!なランニンググッズたち

Bluetoothイヤホン1

ランニングは比較的お金のかからない、庶民に優しいエクササイズのひとつです。そこそここだわって選ばなければならないのはシューズくらいで、服装なんかはあり合わせのスポーツウェアでオッケー。ただ、いくつかの追加アイテムを追加することで、より楽しく、安全にランニングを楽しむことができます。

スポンサーリンク

夜のランニングの必需品!反射材(リフレクター)付きタスキ

ワタシたち社会人の多くが、限られた時間を何とかやりくりしてランニングの時間を確保しているはず。

で、必然的に出勤前の早朝や、帰宅後の夜など暗い時間帯に走っている方が多いと思います。ワタシもそのひとりで、朝5時半に起きてコソコソと走っています。

暗い時間帯のランニングで最も優先すべきことは、事故のリスクを排除すること、ランナー自身の安全確保です。暗闇と一体化して走っては危険すぎます。

「ワタシはここにいますよ!」と自分の存在を周囲に、特にクルマやバイクの運転者にアピールしなければなりません。

そのために必須なのが、反射材(リフレクター)のついたタスキなどのアイテムです。ワタシはこれを使っています。

反射材付きタスキ

反射材付きタスキ2

昨今はLEDを搭載し、ランナー自らが発光して自分の存在をアピールできるグッズもあります。こちらの方がより安全性が高いでしょう。

いずれにせよ、Tシャツやシューズなどに付いている反射材だけでは心もとないので、夜の時間帯をメインに走る方は、このような「反射・発光グッズ」を追加的に導入すべきだとおもいます。

「十分に周囲に注意して走っているから大丈夫」っていうのはランナーの身勝手、傲りだと思います。

スポーツ用、防水・防滴イヤホン

Bluetoothイヤホン2

音楽は孤独なランニングの大切な友達。好きで走っているとはいえ、出勤前、帰宅後のランニングはモチベーションが高まらないことも少なくありません。

そんなとき、音楽があれば「好きなミュージックでも聴くか!で、ついでに走ってみるか!」という気になります。

少なくともワタシにとって、音楽はランニングのモチベーションを支える重要な要素です。

Bluetoothイヤホンがおすすめ

ワタシの場合は、スマートホンに入っている音楽を、Bluetoothでイヤホンに飛ばしています。自転車通勤でもそうしています。

Bluetoothイヤホン3

有線のイヤホンは走りの邪魔になるので、Bluetoothなど無線のタイプがおすすめです。

防水・防滴仕様だとなおよし

ランニングなどのスポーツをする方には必須の機能です。

最優先事項は、音質ではない!装着して落ちないこと!

イヤホンには様々なタイプがありますが、ランニングでの使用を第一に考えた場合、最優先にすべき事項は、「走っても落ちてこないこと」です。店舗で試着して、実際に走ってみることができればそれがベスト。

歩いたり、軽く頭を振ってもイヤホンが落ちてこない、という試着レベルではダメです。「走る」という運動は、ワタシたちが想像する以上の衝撃が体に伝わります。

高価なイヤホンだから落ちにくいということもありません。こればっかりは個人個人の耳のカタチとの相性。

一発目でジャストフィットするイヤホンに巡り会えればラッキーですが、多くのランナーが自分にぴったりなイヤホンに行き着くまでに複数の製品にトライすることになると思います。

そういう意味では、試着なしに高価な製品を買うことはリスキーです。

また、安全上の理由から、クルマの走行音などの周囲の音が聞こえる仕様であることもランニング用イヤホンとしては外せない機能です。

つまり、ランニング用のイヤホン選びにおいて、音質の良し悪しを追求することに意味はありません。密閉性が高く、高音質のイヤホンでも、結局音量を絞ることになるので。

そんなワタシは、ソニーの製品を使っています。ケチなワタシにしては安くないモノを使用しています。なぜか。楽天のポイント払いで入手できたから。

スマホ携帯用アームバンド

ワタシのように音楽再生機器としてスマホを使用する場合や、ランニングアプリなどを使用している方など、ランニングにスマートホンを携帯する場合には、コレを収納するアイテムが必要です。

スマホをポケットインで走る・・・。快適性の面と、防水性の面からおすすめできません。夏場のランニングは、ポケットの中も汗でべちゃべちゃになりますよね。

また、音楽を聴かなくても、緊急連絡用にスマホを携帯して走ることには意味があります。

電子マネー機能を搭載していれば、小銭をちゃらちゃらさせながら走る必要もありません。

アームバンド

ウェストポーチや、たすき掛けできるタイプなど様々な種類が存在しますが、ワタシはアームバンドタイプを選択しました。

ウェストポーチは、個人的に見た目が何となく好みでなかったですし、たすき掛けできるタイプは、前述の反射材付きのタスキと干渉するので、必然的にアームバンドを選択することになりました。

何しろ腕に巻き付くアイテムなので、大きすぎると走りの邪魔になります。「大は小を兼ねる」の発想は捨てた方がよいです。

各自のスマートホンがジャストに収納できるサイズのものを選択しましょう。

ワタシはアディダスの製品を使っています。現在使用しているアクオスがすき間無く収納できるところが気に入っています。

まとめ

1、夜間にランニングを楽しむ場合、反射材付きのタスキなど、自己の存在を周囲にアピールするアイテムは、安全上の理由から必須である。

2、音楽は楽しくランニングを持続させる重要な要素。Bluetoothで防水・防滴のものから選ぶ。安全上の理由から、音質はどうでもよい。大切なのは、走っても落ちない装着感。

3、音楽を聴かなくても、スマホを携帯してランニングすることには意味がある。それ専用のアイテムがあると快適。

それではみなさま、安全で快適なランニングライフを。

関連記事と広告
スポンサーリンク