タバコの代替品。禁煙治療中にお世話になった『禁煙フード』たち。

ワタシはどちらかと言えばカタチから入るタイプの人間です。禁煙にあたっても例外ではなく、禁煙チャレンジャーである以上はタバコの代替物を摂取せねば!との義務感に駆られました。

禁煙チャレンジャーの先輩方(但し全員失敗)が、

「とにかく口寂しくなるから気をつけろ」

「禁煙中は、ガムとチョコが手放せなかった」

などと力説していたことを思い出し、禁煙外来受診にあたり、あらかじめこれらを購入することにしました。

定番のキシリトールガム

禁煙外来と同時並行で歯医者に通院せねばならない状況に追い込まれていたので、

「どうせなら歯に良さげなものを」

とキシリトール入りのボトルタイプをチョイス。生まれて初めてこのような商品を買いました。もちろん具体的にどのような効果があるのかなど知りません。

各社から販売されているキシリトール入りガムのボトルが陳列されているコーナーにて以下の商品をチョイス。

ロッテのキシリトールガムです。何も考えず「ライムミント味」をチョイスしましたが、これは大失敗でした。

ワタシはコーヒーが大好きで、禁煙生活に突入することでその消費量がさらに増えましたが・・・・

 

ライムミントとコーヒー、絶望的に相性が悪いです。

 

自分が何のためにガムを噛み、コーヒーを飲んでいるのか、その理由を完全に見失います。

それぞれ単品としては申し分ない。ガムもコーヒーも美味です。しかし同時摂取すると・・・・それが『苦~い薬入りのお湯』に早変わり。

コーヒー好きの方はお気をつけ下さい。

ライムミントには早々に見切りをつけ、パッケージの見た目から味がマイルドそうな「フレッシュミント」に乗り換え

こちらはコーヒーとの両立が可能でした。しかし少しばかり注意が必要です。

コレ、食後感が歯を磨いた後の感じに近く、イイ感じなのですが、コーヒーを飲むとそれが瞬殺されます。

コーヒー好きでありながら歯磨き直後の飲食が苦手な人は、この手のガムはお勧めできません。

 

チョコレート

禁煙にチャレンジしたことのある者(もちろん失敗した)から、禁煙中はとにかく甘い物が食べたくなったなぁ・・・とか言っていたのを思い出し、ドラッグストアにてチョコレートを購入。

近所のドラッグストアのPB商品です。

さすがPB商品。158g入って税込み199円です。まぁ探せばもっと安くて美味いチョコがありそうですが、とりあえず近所のドラッグストアで購入。

したがって、

ガム→コーヒー→チョコ→コーヒー→ガム→コーヒー→チョコ・・・・・

みたいな感じで勤務中は飲食がループしていました。

特に禁煙スタート時は、何かしらの飲食物を常に摂取している状態でありました。

 

代替物摂取の効果

冒頭で書いたとおり、ワタシは、半ば義務的にこれらの菓子類をタバコの代替物として摂取することを始めました。

禁煙欲求を紛らすために、わらにもすがる思いでこれらの食物を摂取していたわけではありません。

実際に袋入りのチョコレートをガンガン食べていたのは、禁煙開始から1~2週間の短期間でした。ガムはもう少し長いお付き合いとなりましたが。

そんなワタシですが、ワタシなりにこれらを摂取するメリットを発見することができました。それは・・・

タバコの代わりにガムを噛み噛みしていると

 

 

「俺、禁煙してんなぁ」

 

 

っていう気分に浸ることができることです。

 

ガムなどの代替食物は禁煙ライフには欠かせない小道具かもしれません。

なお、ガムについては11月下旬から2月初旬までの期間に9ボトルを消費しました。

スポンサーリンク