『仕掛け巻き』で仕掛けをスマートに保管!【サビキ釣り、ちょい投げ釣り】

サビキの仕掛け、ちょい投げ釣りの仕掛け。これらは消耗品とは言え、それなりの値段がします。したがって、使用して間もない仕掛けや、糸がよれていない仕掛けは、次回の釣行で再利用しましょう。

再利用にあたっての難点は、サビキの仕掛けにせよ、ちょい投げの仕掛けにせよ、針が複数あり長さがあること。

サビキ仕掛けて1.5m前後、ちょい投げ仕掛けでも50cm~1mほど。船釣りの仕掛けと比較すると短いと言えますが、スムーズに保管するにはロングすぎ、保管は困難。

どんなに気をつけて収納しても、糸が絡む、針が他のモノに引っ掛かるなどしてしまいます。

そこで仕掛けを巻きつけて保管するアイテムが必要になります。もともと仕掛けが巻かれていた紙や、段ボール紙を使う方法もあります。リーズナブルで手っ取り早くはあるのですが、やはり専用品が圧倒的に使い勝手がよいです。

スポンサーリンク

お勧めの仕掛け巻きはこのタイプ!

MEIHOの仕掛巻。3本セットです。

仕掛け巻きにも種類が複数あって、釣具屋さんの陳列棚を前にしたアングラーが途方に暮れること必至。

プラスチック製あり、スポンジ製のあり。板状のモノもあれば、円形のモノも、ボビン状のモノもある・・・・。

「いったいどれを選べばよいのか?」って絶対になる。

で、店頭にて悩み悩んだあげく、現在ワタシはメイホウ製の仕掛け巻きを愛用しています。

ハシゴみたいな仕掛け巻き

まるでハシゴのようなアイテムです。

複数の長さがラインナップされていますが、堤防サビキ仕掛け、ちょい投げの仕掛けの巻きつけは、短いモノで大丈夫です。ちなみにワタシのは9cmです。

逆に長すぎると、タックルボックスに入りきれないなどの問題が発生します。事前に収納するタックルボックスの長さをチェックしておきましょう。

ぐるぐる巻きにして、ハシゴに引っ掛けるだけ!

こんな風に仕掛けをぐるぐる巻きにして、ハシゴの部分に針を引っ掛けます。

釣行後のメンテナンスが楽!

このアイテムの最大のお勧めポイントは、このままの状態で塩抜き(水洗い)ができること。帰宅後、水道でジャーッとやって干すだけ。

装着したまま水洗い&乾燥!

段ボール紙を使うと、帰宅後にばらして仕掛けを水洗い、乾かした仕掛けをまた段ボール紙に巻き直すことになります。

ところがこの仕掛け巻き、1度巻いてしまえば、次の釣行までそのまま。非常にメンテナンス性が高いです。

タックルボックスに省スペース収納!

こんな風にタックルボックスにストックでき、省スペースを実現。例えば円形の仕掛け巻きだとこうはいきません。

タックルボックスに省スペース収納!

ワタシは所有していませんが、メイホウから専用ケース付きもリリースされています。多種多様な釣りを嗜まれる方には非常に有益なアイテムです。

◆9cmの仕掛け巻き。コンパクトで良い感じです。3本セットです。

◆仕掛けが多い釣り人は専用ケース付きもある。6本セットです。

関連記事と広告
スポンサーリンク