これは便利!釣り用ライン巻き器 第一精工 高速リサイクラー2.0

ラインの交換。それは来る釣行に向けて最もモチベーションが高まる瞬間のひとつ。しかし意外としんどい、おっくうな作業であることもまた事実かと思われます。

そこでこれですよ。第一精工の『高速リサイクラー2.0』!これがあれば両手両足を使って、足を攣らせながら行っていたラインの交換作業をスムーズに短時間で終わらせることができます。

また、しっかりとテンションをかけながら新品のラインをリールに巻くことができます!一人で両手両足を使う『セルフ巻き』だと、適切なテンションを掛けて巻く、これがなかなか難しい。

しかしこのような器具を使えば、この問題が実にあっさりと解消されます。

要はコレ、釣具屋さんがリールへのライン巻きに使っているアレです。釣具屋さんのレジカウンターの奥などを観察してみてください。

コレ的なモノがあるはず。

すなわち本機は、プロ仕様の仕上がりを自宅で簡単に実現できる器具です。激しくおすすめです。

スポンサーリンク

高速リサイクラーを使ってみる

まずは本体を机・テーブル等に固定します。挟み込んでいるだけなので簡単に取り外し可能です。厚さ4cmまで挟み込むことができます。

で、ラインのボビンを本体のシャフトにぶっ差します。(ラインがスプールの上から出るようにセット)

で、ラインをリールのスプールに巻き付けて。

あとはリールをぐいぐい巻くだけ。

あ!リールにラインを巻く前に、本体にあるネジ(グレーのネジ)で適宜テンションを調節しましょう。

この『テンション調節』が簡単にできることがこの器具を使う最大のメリット。メバリングなどでフロロカーボンラインを使うワタシのような釣り人にとっては有りがた~い機能です。

テンションを適切に調節したならば、あとはひたすら巻くだけ。リールをロッドにセットした方が作業しやすいです。

で、終了。

とても簡単、スピーディです。

ラインの使い分けが簡単にできる!

本機を手に入れたならば、新品ラインの『空スプール(ボビン)』を絶対に捨ててはダメです!

『空スプール(ボビン)』とコイツがあれば、同じリールで2種類のラインを簡単に使い分けることができます。

例えばエギング。

秋は0.6号のPEラインで、春は0.8号のPEラインで、みたいな時期ごとのラインの使い分け。

寿命が長~いPEラインを1シーズンごとに破棄、更新するのはもったいない!

そこで!本機を使えば、ラインを破棄せずに、あるいは新たなリールやスプールを買い足すことなくこれを行うことができます。

手順は『新品ラインをリールに巻く』の逆の作業を行います。

空スプールを本機にセットし、古いラインをリールから空スプールに巻きつけたならば・・・・

あとは本機のハンドルをぐるぐる回してリールからラインを空スプールに巻き取る(戻す)だけ。

終了。とても簡単です。

空スプール(ボビン)に巻き取ったラインは、しかるべきシーズンが到来したときにリールに戻す。まさに瞬時にラインの再利用ができる、文字どおり高速にラインをリサイクルできる道具であります。

PEラインの『裏返し』が簡単にできる!

本機を使えば、PEラインの『裏返し』『天地返し』を簡単に行うことができます。

リールのスプールの下の方に潜むフレッシュなPEラインを使うことができればライン代の節約になります!

この『裏返し』は、ほんの少しだけ手順が複雑になります。空スプール(ボビン)が2つ必要です。

手順1:空スプール1を本機にセットし、リールから空スプール1にPEラインを戻す

手順2:空スプール1を本機から外し、空スプール2をセット。空スプール1から空スプール2にPEラインを巻く

手順3:空スプール2からリールにPEラインを巻く

以上の3工程でPEラインの裏返しが終了です。綺麗なささくれだっていないグッドコンディションなラインがリールの表面に現れているはずです!

まとめ

本機のようなライン巻き取り機器があれば、面倒なライン交換作業がとても楽しくなります。

特にフロロカーボンラインの使用頻度が高いアングラーにはおすすめの一品。適切なテンションでラインを巻くことができるため、『セルフ巻き』にありがちな『テンションゆるゆる状態』を回避できます。

つまり、バックラッシュ等のライントラブルのリスクを軽減できる!このメリットは大きいです。

また、PEラインの使用頻度が高いアングラーにも本機はおすすめ。

『裏返し』が比較的簡単にできるため、高価なPEラインを長~く使うことができます。財布に優しいです。

本機の価格は3000~4000円ですが、PEラインの『裏返し』が簡単にできてしまうことを考えると、すぐに元をとることができます。

もうコレ、釣り人の必需品と言っても過言ではありません。

財布の紐が固いワタシが言うから間違いないです。たぶん。

こちらは廉価版『高速リサイクラー』。ベアリングの数が少ないなどの違いがありますが、できることは『2.0』と変わりません。なおワタシは長く使うモノなので見た目を重視して『2.0』を選択しましたが。

同社が展開する上位機種『リサイクラーDSフル装備』。充実の機能ですが、その分値段もアレです。

関連記事と広告

スポンサーリンク