自転車通勤者に朗報!クローム(CHROME)の完全防水リュックが進化した!【アーバンEXロールトップ28L 】

ワタシの自転車通勤用リュックは、クローム(CHROME)のアーバンEXロールトップ18リットルを長年愛用してきましたが、業務上持ち運ぶ荷物の量が増えたため、このたび容量が大きめの28リットルサイズを購入しました!

自転車通勤の最大の敵のひとつ、それは雨。リュック内の重要書類や電子デバイスが浸水被害にあったら・・・・考えただけでぞっとしますよね。

そんな自転車通勤者のニーズに応えるべく、クローム(CHROME)がリリースしているアイテムがアーバンEXロールトップ。

長年愛用してる18リットルサイズのアーバンEXロールトップ

何と完全防水仕様!さらにタウンユースにも問題なく使い回せるデザイン性!数年前、店頭で一目惚れしたワタシは、18リットルサイズを即BUYしました。※このあたりの詳細は別記事にて紹介しております。

で、数年後。ワタシの業務環境が変化。「もうちょっと容量のあるリュック欲しいなぁ」との理由から、リュックの新規購入を決意。

どじゃぶりの雨でもリュック内の荷物が守られていた・・・・何度もそんな経験をしたワタシは、一寸の迷いもなくクロームのアーバンEXロールトップ28リットルを再び即BUYしたのです。安全・安心のクロームです。

左が旧モデルの18リットル、右が現行の28リットル。「完全防水」はマジです。
スポンサーリンク

進化したアーバンEXロールトップ

旧モデルから進化したアーバンEXロールトップ。相変わらずかっこいい!
随所に改良が施されています!

このたび購入したアーバンEXロールトップを観察すると・・・随所にイイ感じでアップデートが施されている!自転車通勤ユースに特化する方向で進化を遂げていました!

クロームのブランドロゴ。この謎の生物が目印!

なお、クローム(CHROME)とは、アメリカ発のアパレルブランドで、自転車乗り向けのクールでスタイリッシュな周辺アイテムをたくさんリリースしています。

chromeindustries公式サイト

アーバンEXロールトップ、その収納力が強化された!

外ポケット装備!

完全防水が売りのアーバンEXロールトップ。その機能を支えているのが、素材と縫製、そして商品名にもなっている「ロールトップ」なる開閉方式。

その結果、我々は無敵の防水性を手に入れることができるわけですが、それには代償がともなっています。

そう、ロールトップって開け閉めが面倒くさいんですよね。リュックにインした鍵やスマホや財布を使用するには、その都度ぐるぐるをほどき、使用が済んだらぐるぐるを元に戻す・・・・。あ~面倒くさい!

外ポケットがあったらどんなに便利なことか・・・・と思っていましたが、アップデートされたアーバンEXロールトップ、外ポケットが付きました!

これはありがたい!

上部背中側に外ポケットが追加されている!
この外ポケット、スマホ・長財布・文庫本を収納できる程度のスペースが確保されています。

鍵、スマホ、財布など使用頻度が高いものをここに収納することで、クイックアクセスが実現!「ぐるぐる開閉」の煩わしさから解放されます。

ただし、注意点がひとつ。残念なことにこの外ポケット、完全防水ではありません。もちろん止水ジッパー使用で、さらにジッパー部がリュックの生地で保護される仕様になっており、それなりの雨には耐えますが、どしゃ降りの雨だとじわーっと浸水します(経験あり)。

雨天時は、外ポケットに濡れて困るアイテムを収納しちゃダメです!

内ポケット増加!

旧モデルにも内ポケットがあるにはあったが、小物が収納できる程度のスペースしか確保されていませんでした。

上部が旧モデルにも設置されていた小さめの内ポケット。下部が本モデルから新たに追加された大きめの内ポケット。

しかし、今回のアップデートにより内ポケットがもうひとつ追加。しかもA4サイズのタブレット端末やノートPCがドンピシャで収納できるサイズ感。

A4サイズのタブレットやノートPCが収納できます。ポケットには緩衝材が入っています。

というかこの内ポケット、タブレット端末などの電子デバイスの収納を想定して追加されており、衝撃から収納物を保護するパッドが入っています。

大きめの15インチノートPCも収納できます。(はみ出るけど)

仕事柄、PCを持ち出すことが増えたワタシには大変ありがたいアップデートです。A4サイズよりも大きなノートPCもぎりぎり収納できます。

負荷軽減のアップデート!

リュックの背面部と前面部に鈍感なワタシでも違いが明確に分かる負荷軽減のアップデートが施されています。

まず、この手のリュックの多くに装備されている背面パッド。地味ですが、あるとないじゃ背中に負荷がかかる感覚が大きく異なります。あった方が絶対にイイ!

本モデルより背面にEVAパッドが装着されました。背中にかかる負荷が軽減されてイイ感じです!

背面パッドが追加され、背中が快適に!

さらに、ハーネス(ショルダーベルト)にも改良されており、フィット感が向上しています。

ハーネス(ショルダーベルト)のフィット感が向上しています!

安全性の向上!

自転車通勤系のアイテムに欠かせない機能が「リフレクター(反射板)」。己の存在を周囲にアピールすることで事故のリスクが軽減されます。

旧モデルには、リフレクターがありませんでした。まぁ、リュックにリフレクターがなくても、何らかの「光りモノ」が自転車本体や身につけているモノに装備・装着されていれば問題ないのですが、リュックにもそれがあるにこしたことはありません。

そんなリフレクターが今回のアップデートにより、このアーバンEXロールトップにも追加されました。

リフレクターは2箇所。ハーネス(ショルダーパッド)とロールトップをぐるぐるするベルトです。

ハーネス(ショルダーベルト)部のリフレクター。中央にあるグレーの帯がソレです。
ロールトップをぐるぐるやるベルトのリフレクター。これは分かりやすい。

リフレクター効果で、旧モデルよりも暗闇で俺を発見しやすくなったぞ!

鍵を装着できる

鍵を装着するのだ!

様々なアウトドア系メーカーのリュックの表面に装着されているループ状のパーツ。ただのデザイン上のアクセントではありません。実はこれ、自転車通勤者には有り難い機能。上の写真のように鍵を装着できるのです。

鍵を装着することで、利便性が向上し、見た目もかっこよくなる!

しかもほら、鍵を装着することで「俺、自転車乗ってます!」感が増しますよね?見た目と機能の両立を果たす素晴らしいパーツです。※旧モデルから引き継いでいる機能です。

タウンユースと両立するデザイン性

クロームのリュックの魅力は、そのデザイン性!

自転車通勤用リュックとしての機能や使い勝手を追求していくと、クロームのアーバンEXロールトップの上を行くアイテムがたくさん存在します。

というか、アーバンEXロールトップってどちらかと言えば使い勝手が良くない方のリュックに分類されると思います。

外ポケットと内ポケットの数が少ないので、大小様々なモノをすっきり整然と収納したい!というニーズを満たすことは難しい。

しかるべきお店に行けば、「これは便利そうだな!」というリュックが店頭にたくさん並んでいます。

では、なぜワタシがクロームのアーバンEXロールトップの使い続けるのか、リピーターになったのか。

それは、このアイテムの持つ自転車通勤者が直面する「雨」という致命的な問題を解決する機能性に加え、タウンユースでも問題なく使用できるそのデザイン性!

こいつの弱みであるポケットの少なさ・利便性の低さは、バッグインバッグを使用するなどして己の創意工夫でいくらでも克服できる!

しかし、シンプルでクールなデザイン、そして完全なる防水性、これは己の力ではどうしようもない。

だから、ワタシはクロームのリュックのリピーターになったのです。

関連記事:雨など怖くない!クロームのリュック(旧モデル)

◆何でも収納できる28リットルサイズ!

◆28リットルはデカすぎ!って人は18リットルサイズを。

関連記事と広告

スポンサーリンク