ウェルカム!ちょい投げキス釣りで釣れる外道たち!

多くのアングラーにとって「ちょい投げ」とはキスをメインターゲットとする釣り。しかし!エサを海に放り込むわけですから、当然ながら他の魚も食ってきます。

この記事では、ワタシがちょい投げで釣り上げてきた魚種を紹介していきます。まだまだ未熟者のワタシ。魚種はまだ少ないです。がんがん外道を釣って、随時更新していきます。

スポンサーリンク

キス

メインターゲットのキス

まずは、愛すべきメインターゲット『キス』。外道じゃないけど、一応掲載します。

『砂浜の女王』なる愛称そのままの美しい魚体。姿からは想像できないファイト。釣り上げたときの喜びは何度釣っても色褪せることがありません。

マダイ

嬉しい外道、マダイ

外道と言うにはあまりにも失礼すぎる高級魚。小さいけど。

サイズは20cm台半ば。1度だけ掛かったことがあります。ロッドを引ったくる凄まじいアタリで、寄せるまで何が掛かったのか分かりませんでした。

引きはこのサイズでも強烈。ロッドをごんごん叩くマダイ特有の引きを堪能しました。

強引に刺身を取りましたが、その味は今も忘れることができません。

タイの刺身と言えば、第一印象は「淡泊」です。しかし!釣りたてのタイは別物でした。甘くてとろける感じ。タイが『魚の王様』と呼ばれる理由をはじめて理解した思い出深い1匹です。

なお、チャリコと呼ばれる極小のマダイはよく釣れます。腐ってもタイ。チャリコでも、サイズの割にナイスなファイトを見せてくれます。リリースしますが。

マゴチ

これも嬉しい外道、マゴチ

これもたいへん喜ばしい外道。

ロッドを強く引ったくるアタリで、20cm超のキスと似たような感じでした。良型キスだと思いつつも重量感がキスのそれとは違う・・・・寄せた時は、水面を見て「?」ってなりましたが、すぐに「お、ラッキー!」ってなりました。

当日に釣れたキスとともに、天ぷらに。美味です。

狙って釣るなら活き餌の方がよいと聞くので、機会があれば、ピンギスを泳がせて本気でマゴチを狙ってみたいと思っております。

エラに鋭いトゲがあり、たいへん危険です!フィッシュグリップやメゴチばさみで魚を掴んでください。

イシモチ

釣り上げるとぐぅぐぅ鳴くイシモチ

掛かった瞬間、キス以外の魚であることはすぐに分かりました。重みがあって、ぐいーっと持って行く感じの引き。

こちら、調理法としては塩焼きがメジャーのようですが、現場で締めて簡単な血抜きをして持ち帰ったので、皮を炙って刺身でいただきました。子どもが独占的に食べてしまい、ワタシは味わえず・・・。

ネズミゴチ(メゴチ)

実は美味しいらしいメゴチ
実は美味しいらしいメゴチ

キス釣りの外道としては有名な魚。見た目がアレだし、表面がヌルヌルするんで積極的にリリースしていました。

ところが、天ぷらにすると美味なヤツという情報を後に知りまして。己の無知を悔いた魚種のひとつです。

「今度釣れたら食ったろ」と釣行の度に鼻息を荒げてますが、嗚呼、近年メインで通う場所ではコイツが釣れない・・・・。

カサゴ

カサゴ

キスが生息する砂地でも、岩場が点在していれば食ってくる可能性があります。これも美味な魚ですがキス釣りで釣れると少しがっかりします。写真は即リリースサイズのカサゴ。

ウマヅラハギ

たぶんウマヅラハギです

極小です。かわいいですね。撮影後、即リリースしました。

ヒラ

ヒラ、だと思う

なんだコレ?と思ってリリースした魚。キャスト後、仕掛けを落とし込んでいる途中で食ってきました。写真をもとに検索したところ、ヒラなのでは?と判断し、ここに掲載しました。間違ってたらごめんなさい。

なお、ヒラだとすれば、これ美味しい魚らしいです。

ベラ

ベラ。この色がね・・・

美味しい魚らしいですが、個人的にはこのビジュアルが食欲を刺激せず、毎度リリースしています。引きはキスよりもパワフルで楽しいですが。

ホウボウ?カナガシラ?

ホウボウ、だと思います

胸びれの色が成魚と違いますけど、この顔面、ボディバランスはホウボウまたはカナガシラのいずれかだと思います。幼魚なんで、図鑑やウェブサイトを見ても判定が難しい・・・。

トラギス

トラギス。これも美味しいらしい

キス釣り外道の定番です。嫌われる傾向にある魚ですが、食べると旨いらしいです。ワタシの釣行エリアでは、掛かっても極小サイズなんで、食べるチャンスがありません。

イトヒキハゼ

イトヒキハゼ

これも定番の外道。針を外すとき噛みついてきます。痛くないですが、噛みつかれると何となくテンションが下がります。コイツばかり釣れ始めたら移動の合図です。

ハゼの仲間

ハゼの仲間

ハゼの仲間だとは思うのですが、名称不明。こういうヤツが釣れ始めたら、キャスト方向の変更や移動を検討します。

エソ

エソ。喜ぶ人は少ないでしょうね。

マンガに出てきそうな顔をした魚です。ショアジギングなんかで外道として掛かるとよく聞きます。専門で狙う人はごくごく少数派でしょう。

掛かってドキドキ、釣れてガッカリな魚です。

かまぼこの材料になるそうです。

フグ

お願いだから仕掛けを切らないで

これも定番の外道。コイツのやっかいな点は、その強靱な歯で仕掛けを切ってしまうこと。

アタリがあって針がなくなっていれば、犯人はほぼコイツです。フグ対策として、仕掛けは多めに準備しておきましょう。

タコ

娘、キス釣りでタコを釣る

娘の釣果です。「根掛かりした~」からの「何か釣れてる~」からの「タコ!」でした。

釣った娘はとても満足そうでした!

ヒラメ

厳密に言うと釣果ではありません。足場が高い場所で釣れたのですが、抜き上げの途中で痛恨のフックアウト。だから写真もありません。

小さく見積もっても35cmはありました。タモを持参していなかったことを悔いた1匹。

アタリはゴン!と来て、大きな海藻を釣ったような重みを感じつつ、ときどきゴンゴンと強烈な引きを見せてくれたヒラメ。手前の敷石にへばり付きこうとするのを必死で回避し、足もとまで寄せたときは「もらった!晩のおかずはヒラメの刺身や!」と思ったのですが・・・・。

悔しい思い出がよみがえります・・・。

幻の巨大魚

一度だけ、ドラグを鳴らしまくる謎の魚を掛けたことがあります。糸をぎゅんぎゅん出されてはちょっと巻き・・・・の繰り返し。結局、寄せることができず、針を延ばされフックアウト。

あの魚は何だったのか。今まで経験したことのない重量感とトルクのある引きでした。ロッドを叩くような引きではなかったので、チヌやマダイではないと思います。青物が回ってくる海域でもないし、巨大なボラかエイかな?と思ってますが・・・。

いずれにせよ、ちょい投げには夢がある!

外道ラインナップをどんどん増やしたい!

未熟者のワタシ、ちょい投げキス釣りの愛すべき外道はまだまだこの程度。キスの釣果を伸ばすとともに、外道の魚種もどんどん増やしていきたい!と思っております。

関連記事:お手軽!ちょい投げでキスを釣ろう!

◆ちょい投げにぴったり!とても使いやすい65cmの2本針仕掛け!

◆ワタシが愛用している「立つ天秤」!

関連記事と広告

スポンサーリンク